在留期間の更新手続き中に期限が切れると不法就労となりますか?

答. 在留期間の更新手続き中は従来の在留資格が継続しているものと考えて、引き続き雇用しても不法就労とは扱われません

入管法上、在留期間の更新申請は在留期間内に行えばよいことになっており、在留期間内に許可するか否かの結果が出ない場合もあります。
この場合、結果が出るまでの間は従来の在留資格が継続しているものと考えて、引き続き雇用しても不法就労とは扱われません。更新申請をしている場合は、パスポートに「申請APPLICATION」の旨の入国管理局のスタンプが押されています。
尚、更新が許可されなかった場合、それ以降は就労(雇用)できませんのでご注意下さい。

カテゴリー: 事例集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。