管理職には残業手当は必要ない?

答. 職務内容・責任・権限などにより支払わなければならない場合があります。

労働基準法第41条に「監督若しくは管理の地位にある者、又は機密の事務を取り扱う者」については労働時間、休憩又は休日に関する同法の規定は適用しないと書かれていますが、「管理職」としての地位にある労働者でも労働基準法上の管理監督者には当てはまらない場合があります。
「管理監督者」に当てはまるかどうかは「役職名」ではなく、その職務内容、責任と権限、勤務態様等の実態によって判断されます。
「管理監督者」は労働条件の決定、その他労務管理について経営者と一体的な立場にある者をいい、立場や権限、相応の処遇等が与えられていることが判断基準となります。
これらの基準に当てはまらないと判断された場合は「管理監督者」には当てはまらず、残業手当は支払わなくてはなりません。

カテゴリー: 事例集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。