産前産後休業中の社員を解雇したいのですが?

答. 基本的にそのような社員を解雇することは出来ません。

労働基準法第19条1項には、産前産後休業中とその後30日間は解雇することは出来ないと定められています。この期間内は、企業経営上の都合など、いかなる理由があっても解雇することは出来ないという意味です。
一方、この期間以外であれば解雇しても良いという訳ではなく、雇用機会均等法第9条3項では、期間の如何を問わず、女性労働者の婚姻、妊娠、出産を理由としたり、産前産後休業等の権利を行使したことを理由とする解雇、その他の不利益な取り扱いを禁止しており、妊娠、出産に関しては二重の保護が加えられているわけです。
さらに、第9条4項は、妊娠中及び出産後1年を経過しない女性労働者の解雇は、事業主が他の正当な理由を証明しない限り、民事上無効であると定めました。
よって上記のような労働者を解雇することは解雇制限期間はもちろんのこと、正当な理由がない限り、解雇することは出来ません。
カテゴリー: 事例集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。