労働者の給与について年俸制を導入したら残業代は支払わなくていいの?

答. 支払わなくてはいけません。

「年俸制を採用すれば、残業代を支払わなくてすむ」と誤解されている会社も多いようですが、原則的に年俸額とは年間所定労働時間だけ働いたときの賃金を想定していますから、時間外労働や休日労働を命じたときには、別途、割増賃金を支払う必要があります。
もし、一定の金額を割増賃金分として含んだ上で年俸額を決定するのであれば、あらかじめ「年俸○○円、うち割増賃金分××円」というように内訳を明らかにしておかなければなりません。
また、実際働いてみた結果、事前に定められた割増賃金分を超えて働いた場合にも、割増賃金の不足分を追加して支払わなければなりません。

もちろん、年俸額が最低賃金を下回ってはなりません。

カテゴリー: 事例集   パーマリンク

コメントは受け付けていません。